シージペニピンチャな日々

*

日焼けに効果的な成分

   

「来週にみんなで海へ行く予定があるけど、もうガッツリ日焼けしてしまって、水着が着れない…」
「早く日焼けを治したいけど、どうすれば良いのかわからない…」
などなど、これらのような悩みを抱いている方はとても多いのではないでしょうか。
夏になると天気が良くなるため、アウトドアが増えてきます。夏祭りや花火大会、バーベキューなど楽しいイベントが盛りだくさんですが、どうしても気になるのが「紫外線」ですよね。
紫外線は女性の大敵。肌がダメージを受けて日焼けするし、シミはできるしで良いことがありません。
日焼けをするとなかなか治らないものですが、効果的な成分を摂取して、治す期間を早めることはできます。
その効果的な成分とは「ビタミンC」
「ビタミンE」
「ビタミンA」
「リコピン」の四つ。どれもよく耳にする、代表的な栄養素ですね。
美肌に良いといえば、やはりビタミンCが欠かせません。シミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるため、肌が白くなります。
ビタミンEは血管を広げて血流を良くする働きがあるため、肌の新陳代謝が活性化。ダメージを受けた肌を回復させてくれます。ビタミンCと一緒に摂取すると、相乗効果を狙えますよ。
ビタミンAは肌だけでなく、皮膚や髪にも良い成分です。女性は積極的に摂取しましょう。
リコピンはメラニンの生成を抑えてくれる抗酸化力が強く、なんとビタミンEの100倍もあります。夏に美味しいトマトにも理由があったのですね。スタンド花を東京に安く届ける花屋

 - 未分類